GARMIN(ガーミン)がSuicaに対応!対象スマートウォッチ一覧

GarminがSuicaに対応

GARMIN(ガーミン)

    この記事に書いてあること

GARMIN(ガーミン)のスマートウォッチ(ウェアラブルデバイス)が、2020年5月にSuicaに対応することになったというプレスリリースが発表されましたので、対応機種などをまとめています。

GARMIN(ガーミン)が、Suicaに対応するというニュースが飛び込んできました。これまでもGARMIN(ガーミン)は、一部機種でGarminPayという決済機能を搭載しており、コンビニなどで決済することが可能でした。

しかし、対応している金融機関が三菱UFJ銀行やジャパンネット銀行などに限られ、利用者は少ない印象でしたが、Suicaに対応するとなると利用者は一気に広がるものと考えられます。

GARMIN(ガーミン)がSuicaに対応

Suicaは「Garmin Connect Mobile」アプリから発行

Android™スマートフォンもしくはiPhoneとウェアラブルデバイスをペアリングし、Garmin Connect Mobileアプリケーションを操作することにより、ウェアラブルデバイスにSuicaの発行することができるとの記載があります。

今までもGARMIN(ガーミン)のスマートウォッチにアプリを追加する時もGarmin Connect Mobileアプリから行うので、同様の操作になるものと考えられます。

スマートフォン からのチャージはAndroidだけかも?

プレスリリースの内容だけなのではっきりした事は言えませんが、「Googleアカウントに登録されているクレジットカードからのGoogle Payによる入金(チャージ)」との記載があります。Apple Payに対応しているのであれば、そのように記載するはずなので、もしかしたらiPhone からはチャージができず、iPhoneユーザーは券売機やコンビニでのチャージに限定されるかもしれません。

uesei.png
うえせい

アップルは、Apple Watchと機能が被るので、対応させなかったのかも

GARMIN(ガーミン)のSuica対応時期

2020年5月下旬以降

Suicaに対応するスマートウォッチ

GARMIN(ガーミン)Suica対応機種

2020年4月15日時点の情報です。

Approach S62シリーズ

fenix 6X シリーズ

fenix 6/6S シリーズ

Legacyシリーズ

Venuシリーズ

Vivoactive4/4Sシリーズ

vivomove3/3Sシリーズ

vivomove Style/Luxeシリーズ

【まとめ】スマートウォッチとして使うならVenuがお勧めです

結局うえせいはこう思う

まだ、この記事でご紹介した対象機種以外にもGarminPayに対応したスマートウォッチは、いくつかあります。

ForeAthleteシリーズは、よりスポーツをする時に使うアイテムとしての色が強いため、遅れて対応させるのか、もしくは不要だと思っているのか分かりませんが、対応してくれればランニングなど屋外でのアクティビティの時に、財布を持って出なくて済むという利点があるのでぜひ対応して欲しいものです。

また、今回対象機種として挙げられてる中で、これからSuicaに対応するならGARMIN(ガーミン)のスマートウォッチを買おうと思っている方なら、アクティブマトリックス式有機ELを搭載したApple Watch並みに美しい液晶パネルのVenuがお勧めですよ。

Apple Watchの四角いフェイスはどうも、時計としてはイマイチと感じる人は多いですからね
uesei.png
うえせい

では、また。ニュースが飛び込んできたので、順番を入れ替えましたが、次回こそシューズのレビュー「on cloud dip」をご紹介しますね。

on cloud dip

もう1記事見るならコレ