フィット感が向上し調整が楽になったルナサンダル MONO WINGED EDITION

ルナサンダル モノ ウィングドエディション

5月 3, 2019

    この記事に書いてあること

ルナサンダル MONO WINGED EDITIONの購入レビュー記事です。サイドのプラスチックの採用により、ストラップを通る部分が高くなり、テックストラップ(補助ストラップ)が廃止され、履き脱ぎが快適になったうえ、フィット感が増しました。ひとまず購入してすぐの開封レビューしました。

冬が終わり、あたたかくなってくると、女性はブーツからパンプス、そしてサンダルへと変化していく季節。ボクの場合は春になると一気にルナサンダルへと、履物を衣替えする季節です。

できれば、年中ルナサンダルを履いていたいくらい好きなんですが、さすがに靴下を履いていたとしても、サンダルはちょっと寒いし、それなりに見た目がおかしくなるので、寒い時期はスニーカーなどを履いています。

uesei.png
うえせい

1年の2/3をサンダルで過ごしていると、革靴を履けない足になってるのです

そして、春になるとやっとサンダルが履ける時期。

そんなときに、ルナサンダルの新しいストラップシステムを搭載した、MONO WINGED EDITIONが発売されたとのことで、早速購入しましたので、ご紹介させていただきます。

 
▼ルナサンダルの紹介動画

Have Wings, Can Fly! from LUNA Sandals on Vimeo.

 

スポンサーリンク

ルナサンダル(LUNA SANDALS) MONO WINGED EDITION 開封

ルナサンダル外箱
外箱は、サンダルということもあり平べったいものだったのですが、どうやら箱もリニューアルしたようです。

 
ルナサンダル外箱
サイドから開くようになっていて、箱自体ととてもスリムにできています。

 
ルナサンダル外箱
左右のサンダルがきっちり収まっていて、箱も縦型でスリムですね。

▼ちなみに、比較として2017年に購入したvenadoの箱
venadoの外箱

 

ひと目見て、分かるWINGED EDITIONの新ストラップ

ルナサンダル モノ
 
WINGED EDITIONは、ウィング(羽)状のプラスチックパーツがサイドに配置され、甲、踵ストラップの分岐位置が上がることによって、フィッティングのし易さやフィット感が向上しテックストラップ(補助ストラップ)が必要なくなりました。

 
サイドのウィング状のパーツ
サイドのプラスチックのパーツにより、ストラップがクロスする位置が高くなっています。

 
サイドのウィング状のバーツ
また、ストラップが直接ソールを通っていないので、擦れてしまうこともありません。

LUNAサンダルの足の甲部分のバックル
足の甲の部分のバックルは変わりません。

 

ルナサンダル(LUNA SANDALS) MONO WINGED EDITIONのソール

ルナサンダル モノ ビブラムソール
ソールはとても丈夫なビブラムソール。

ルナサンダル モノ ソールのつま先部分
つま先部分は、体重移動がしやすいように前側が、少し上がっていまっす。

 

従来モデルと、ルナサンダル(LUNA SANDALS) MONO WINGED EDITIONのストラップを比較してみた

オリジンフラコとの比較
手前の、「MONO WINGED EDITION」の方がスッキリして見えます。サイドのウィング状のプラスチックパーツのおかげで、テックストラップ(補助ストラップ)が不要になったことが大きいのでしょう。

オリジンフラコとの比較
このように並べると、前後のストラップがクロスしている位置の高さが一目瞭然。MONO WINGED EDITIONのプラスチックパーツが一役買っています。

 
オリジンフラコのソール裏
私が、以前から履いている普段履き+αのオリジンフラコのソールです。車のタイヤと同じ素材を使っているので、人間の体重だけではなかなかすり減らず問題ありませんが、ストラップがソールを通っているので、ちょっと不安です(ストラップ自体もかなり丈夫なので、問題ないらしいです)

 

履いた感じを比較

MONO WINGED EDITION

モノ winged edition
上から見るとこんな感じ。

uesei.png
うえせい

テックストラップ(補助ストラップ)が無いだけでスッキリみえますよね

uesei.png
うえせい

ちなみに絆創膏貼ってるのは、華麗にスルーしてくださいね

モノ winged edition

 

オリジンフラコ

ルナサンダル オリジンフラコ
足首のところに見えるのがテックストラップ(補助ストラップ)。これがあっても問題はないのですが、調整する場所が少なくなるのは、履き脱ぎがスムーズになるのでメリットが大きいです。

ルナサンダル オリジンフラコ

 

【まとめ】甲のストラップをベストな位置に調整することで、かなりフィット感が向上

結局うえせいはこう思う
いままでのルナサンダルでも十分なフィット感で愛用していましたが、カカトのストラップがどうしても下がってきてしまうことから、テックストラップと呼ばれる補助ストラップは欠かせませんでした。

しかし、サイドにウィング状のパーツを使って、ストラップを分岐している部分がソールから少し高くしたことで、カカトのストラップが下がりにくくなるんだと思います。

ひとまず、試し履き段階での感想は、初めてのルナサンダルなら、このモデルが一番オススメできる!と思います。

では、また。最後まで読んでくれてテリマカシ。

 

履いて走った感想はコチラ

 
【関連記事】ALTRAレビュー! サンダルに慣れた足には最高のランニングシューズとなる2つの理由

【関連記事】ランニング用のサンダル、定番3モデル履き倒した感想で比較!【XERO SHOES、LUNA SANDALS】

【関連記事】LUNA SANDALS(ルナサンダル)を通販で買うとき、ジャストサイズで購入する方法

 

スポンサーリンク

LINE公式
「この記事が気に入ったらLINEで友だち追加をしよう!」

合同会社うえせいやと「Transition Area」の最新情報をお知らせします。

友だち追加