スマホとサイクルコンピューター同時に連携! Wahoo RPMスピード&ケイデンスセンサーが超便利

WAHOO スピード ケイデンスセンサー

1月 4, 2019

    この記事に書いてあること

Wahoo RPMスピード&ケイデンスセンサーを購入して、バイクに装着。GPSウォッチとスマホアプリにも接続して、ローラー台トレーニングをしてみたのでレビューしました。

いよいよ梅雨本番になってきたって感じで、雨が続いている大阪です。

この時期、トライアスロンもシーズンに入り、練習時間を増やしたいところですが、雨が多くてなかなか思うようにできないもの。

そんな中、多くの方が活用しているのが「ローラー台」
私も10年ほど前までは持っていたのですが、室内でペダルを回しているだけというのが性に合わず、手放しました。

しかし、またトライアスロンのレース出場を再開したのをきっかけにそうも言ってられず、再び購入したのはいいのですが、距離やスピードなどが分からないとどのくらい練習したのかも分からない。

そんなことから、ホイールの回転数から計測できるスピードセンサーと、ペダルの回転数がわかるケイデンスセンサーのセットを購入したので、ご紹介します。

 

スポンサーリンク

Wahoo RPMスピード&ケイデンスセンサー

Wahoo RPMスピード&ケイデンスセンサー

 

Wahoo RPMスピード&ケイデンスセンサーのいいところ

  • ボクが愛用しているGARMINのGPSウォッチと連携可能(ANT+という通信規格に対応)
  • Bluetoothにも対応しているので、スマホやPCに対してもデータを送信できる
  • Bluetooth、ANT+の両方の通信規格を同時に使えるため、GPSウォッチとデータ連携させてログを取りながら、スマホでデータを確認できる
  • GARMINから他のシステムに乗り換えた場合でも、そのまま使える
  • Zwiftに対応している
uesei.png
うえせい

Wahooって、なんだかYahoo!に名前が似てて、なんだか怪しい感じがしないでもないですが、欧米ではかなりシェアを伸ばしていて、信頼性も高いようです。

 

Wahoo RPMスピード&ケイデンスセンサー開封

Wahoo RPMスピード&ケイデンスセンサーの内容物
箱の中に入っているのは、次の通りでシンプルなものです。

  • スピードセンサー(電池は入ってます)
  • ケイデンスセンサー(電池は入ってます)
  • それぞれをバイクに固定するパーツ
  • 結束バンド
  • 両面テープ
  • 説明書など

説明書もすごく簡単なものでした。

uesei.png
うえせい

まあ、センサーだけなので、接続方法などはサイクルコンピューターやスマホアプリの方で確認しないと、分からないですからね。

 

Wahoo RPMスピード&ケイデンスセンサーをバイクに固定する

▼センサー自体は、とても小さなものです。
Wahoo RPMスピード&ケイデンスセンサー

▼スピードセンサーを、ホイールのハブの部分に取り付けるパーツにセット
センサーを固定するパーツにはめる

▼ハブに取付完了
ハブにスピードセンサーを取付

uesei.png
うえせい

このとき、フロントホイールに取り付けたのですが、固定式のローラー台で使用する場合フロントだと、ホイールが回らないため、リアホイールに変更しました

 
▼ケイデンスセンサーを固定するパーツにセット
ケイデンスセンサーを固定するパーツにセット

▼ケイデンスセンサーをクランクに固定
ケイデンスセンサーをクランクに固定
取付は以上で完了です。
すべて無線でデータ送信されるため、とくに面倒な配線などはありません。

 

接続はとても簡単でした

センサー接続
ボクの使っているGARMIN fenix5を例にとると、設定メニューの中から「センサー」に行き、「センサー追加」をしただけで、すぐ接続できました。
ちなみに「Wahooアプリ」についても、とても簡単です。

▼左下のセンサーをタップ
wahooアプリ

▼「新しいセンサーを追加」を押すだけでした
新しいセンサーを追加

 

Wahoo RPMスピード&ケイデンスセンサーを使ってローラー台でトレーニング

GARMINのログ

wahooログ

このように、GARMINのGPSウォッチへデータが送信されているので、ログが取れています。
ただし、GPSウォッチだと画面が小さいので、ペダルを回しながらの視認性が落ちます。
このため、固定式のローラー台だと落とす心配もないし、ローラー台の下は防音防振のマットを敷いており、万が一落としても大丈夫だと思うので、ハンドル上部に置きWahooアプリを使って(他にも対応アプリはたくさんあります)データを表示させています。

Wahooアプリ

uesei.png
うえせい

ペダルを回しながらシャッターを押すので、ブレてます

 

【まとめ】GARMIN純正よりも少し安かったし、かなりいい買い物でした

結局うえせいはこう思う
GARMINのGPSウォッチやサイクルコンピューターで使うことを前提としてのセンサーなので、GARMIN純正にしようかと思ったのですが、GARMIN純正センサーの場合、通信の規格がBluetoothではなくANT+(この方が接続が安定しています)なので、ANT+の受信アダプタが必要だったり、スマホやPCと接続するには一工夫が必要になります。

その点、このWahoo RPMスピード&ケイデンスセンサーだと、スマホとGPSウォッチ(サイクルコンピューターでも同じ)に対して、同時にデータが送られるのが、かなりのメリットだし、GARMIN以外のシステムに乗り換えた場合でも、そのまま使うことができます。

今後のことも考えて、このWahoo RPMスピード&ケイデンスセンサーにしましたが、接続もすんなり出来て良い買い物になりました。

これからバンバン使っていこうと思います。

では、また。最後まで読んでくれてテリマカシ。

▼ガーミン選びに困ったらこの記事


 

【関連記事】GARMINのMOVE IQで、筋トレをもっと楽しく!

【関連記事】GPSウォッチ「GARMIN fenix5 Sapphire」レビュー 高機能で普段使いもできるデザインがいい

【関連記事】「GARMIN vivosmart3」レビュー 腕に付けてるだけで運動も睡眠も記録!

スポンサーリンク

LINE@
「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!」

合同会社うえせいやと「Transition Area」の最新情報をお知らせします。

友だち追加