プロテインを安く買う方法!コスパ最強おすすめ

9月 21, 2020グッズ他

    この記事に書いてあること

トライアスロンやマラソンをする人にとっても、タンパク質接種は必要なので、プロテインを飲んでいますよね。ただできたら出費は抑えたいので、安くてコスパの良いプロテインと、安く買う方法についてご紹介しておきます。

トライアスリートにとって、筋トレをするのはあくまでレースのためであって、ボディビルダーのように筋肉を大きくして見せるためではありませんが、プロテインは飲んでおいた方がよいです。

筋トレだけでなく、普段のランやバイク、そしてスイムのトレーニングでも筋肉を使っています。

筋肉は使うことで強くなるのですが、その時に必要なのがタンパク質です。タンパク質はもちろん食事から摂ることができるのですが、なかなかそれが大変です。

だから、ことプロテインを飲むんですよね。

uesei.png
うえせい

ボクうえせいも、1日2回プロテインを飲んでいます

プロテインを安く買う方法!コスパ最強おすすめ

タンパク質摂取のために必要だと言っても、できたら安く買いたいと思うのは当たり前です。

ただ、安かろう悪かろうでは、せっかく飲んでも意味がないので、この記事ではコスパ最強のおすすめプロテインと、有名どころのプロテインをできるだけ安く買う方法をご紹介していきます。

コスパ最強プロテインは「マイプロテイン」

マイプロテインは、日本のメーカーではなくイギリスのスポーツ栄養ブランド。

筋トレを積極的にしていてプロテインを飲んでいるような方以外にはあまり有名ではありませんが、プロテインをメインにヨーロッパNo.1ブランドと言われています。

uesei.png
うえせい

マイプロテインは、再販を禁止しているのでジムやスポーツクラブで見かけることも少ないことが理由でしょうね

その「マイプロテイン」ですが非常にコスパがいいんです。

「マイプロテイン」を安く買うには、公式サイトからが1番!

「マイプロテイン」は、楽天やAmazonで見ても、それほど安くはないのですが、公式サイトで購入すると、国産で有名どころのプロテインと比較すると半額程度となります。

価格は安いが、高品質

マイプロテインは、アメリカの検査機関Labdoorの最高クラスの評価を受けていて、品質に関しては問題ないどころか高品質なプロテインです。

自社でも厳しい検査を行っていますが、ALSとの緊密な協力の下で検査を行ってもいます。ALSは第3者品質認証機関で厳しいUKAS評価手法を用いてマイプロテイン製品の検査と認証を行っています。また、Labdoor(スポーツ栄養に関する第3者検査機関)とも協力体制を築いています。Labdoorから弊社製品は、「高品質」とランク付けを受けています。また、Impact ホエイ アイソレートはプロテイン部門で価格では第1位、品質では第2位の評価を受けています。

マイプロテインサイトより

マイプロテインの気になるところ

ボクうえせいが使ってみて気になったところは、ちょっと溶けにくいと感じたくらいですが、虫が混入していたという例が多くツイートされています。

当サイトでも調べてみたところ、気持ち悪いですが健康には害はないし、あまり大量ならカスタマーサービスに連絡するという対応しかなさそうです。

海外のネット通販なので、購入に関しては自己責任しかないですね。

▼購入するならコチラから

味にもこだわりがあり、50種類以上のプロテイン【Myprotein】

国産有名プロテインもAmazon定期おトク便を利用すると安く買える

国産プロテインでシェアNo1は明治の「SAVAS」シリーズです。

uesei.png
うえせい

実は、ボクうえせいもSAVASを愛飲しているので、ここではSAVASを取り上げてご紹介しますね。

ガッツリ筋肉を大きくしたい人向けから、ダイエット向けプロテインまであって、最近では一回分の分量の入ったドリンクの状態でスーパーやコンビニなどでも販売されています。

このSAVASですが、さきほど紹介した「マイプロテイン」と比較すると、価格的には高くなるのですが、国産ということもあり味や溶けやすさなどの点で、日本人好みに作られています。

このため、ボクうえせいもSAVASを飲んでいるのですが、購入方法としてAmazon定期便を利用して安く購入しているのでご紹介しておきます。

Amazon定期おトク便とは

Amazon定期おトク便は、定期的に購入される商品を割引価格で自動的にお届けするサービスです。 配送は、無料の「通常配送」が適用されます。 登録料などは不要で、いつでもキャンセルができます。

Amazonヘルプより

Amazonの説明の通りで、プロテインなどだいたい決まったサイクルで使い切るような商品を登録しておくと、自分の決めたサイクル(1ヶ月単位)で配達してくれるというサービスです。

ちなみに、うえせいはプロテインの他にコーヒーやお茶、洗剤などなど、いろいろ登録しています。

ちなみに、そんなに身体を大きくしなくていいボクうえせいが飲んでいるのはソイプロテインですが、Amazonで都度購入していると3,681円です。

しかし定期便になると3,497円にまで下がるので、とてもお買い得です。

配達の期間も1ヶ月から6ヶ月まで選ぶことができる上に、配達前にはメールで確認がくるので、その時に「今月は使い切れてないなぁ」ってときは、1ヶ月スキップしたりすることも可能です。

【まとめ】コスパならマイプロテイン一択! 国産にこだわるならAmazon定期おトク便利用がおすすめ

結局うえせいはこう思う

マイプロテインは、高品質だし価格も安いので、とにかくコスパが最強です。

注文してから届くまで少し期間がかかりますが、それはある程度余裕を持って注文しておけばいいことなので、とにかくコスパのいいプロテインを探してるならマイプロテイン一択です。

また、国産の方が何かと安心という方も多いので、SAVASのお得な買い方をご紹介しておきました。

プロテインなんかは、まだ残っているのに次の便で届いちゃったなんてことがあっても、開封しなければすぐに賞味期限が切れるなんていうこともありません。

Amazon定期おトク便を利用するのがよいですよ。

プロテインを飲んで、ボクと一緒にトレーニング楽しみましょう!

ドリンクタイプの「ミルクプロテイン」の記事はコチラ

LINE公式
「この記事が気に入ったらLINEで友だち追加をしよう!」

合同会社うえせいやと「Transition Area」の最新情報をお知らせします。

友だち追加