【ForeAthlete945】GARMIN(ガーミン)アスリートモデルの最高峰

ForeAthlete945

GARMIN(ガーミン)

    この記事に書いてあること

GARMIN(ガーミン)のForeAthletreシリーズの最上位モデルForeAthlete945のご紹介記事です。残念ながらSuicaには対応していませんが、音楽保存再生、GARMIN Payの対応など機能全部盛り。GARMINチャンネルのマニュアル動画も掲載しています。

持久系の運動を続けていくと、どんどん距離や時間が長くなってきますよね。

日本で1番多く開催されているトライアスロンの距離はオリンピックと同じトータル51.5km。

3時間ほどで完走できてしまいますが、トレーニング時やシーズンオフとなる冬場にマラソンに出場してみたりして、もっと長い時間運動してたりもします。

そうすると欲しくなってくるのが、ガーミンのGPS腕時計の中の上位モデル。

バッテリー稼働時間も長く、計測できる項目も多いですからね。

最近トレーニング中にバッテリーがなくなるので買い替えを考えている方や、どうせ買うなら最初からいいものを持っておきたい方に参考にしていただければと思います。

【ForeAthlete945】ガーミンのアスリートモデルの最高峰

ガーミンとは

ガーミンロゴ

GARMIN(ガーミン)は、当サイトでお勧めしているトレーニングやレースで使うことで、無理なく楽しく続けるためのデジタルグッズとして中核となる、GPS搭載腕時計など製品をたくさん製造してくれているメーカーです。

詳しくは、次のページで詳しくご紹介しています。

ForeAthlete945の外観

▼正面

ForeAthlete945
写真出典:Amazon

▼文字盤裏

ForeAthlete945文字盤裏

▼横から

ForeAthlete945サイド

ForeAthlete945の特徴

ForeAthlete945

ロングトライアスロンもウルトラマラソンもOKなバッテリー

ForeAthlete 945などの睡眠や心拍数を計測できるGPS腕時計は、24時間つけっぱなしで毎日運動をトラッキングするの前提。

このため、バッテリーは驚くほどロングライフです。

カタログスペックですが、GPSを稼働させないスマートウォッチモードで、最大14日間。音楽再生しながらのGPS+光学式心拍計のトレーニングモードで約10時間。音楽再生なしだとトレーニングモードは、なんと約32時間にもなります。

これだけ長いと、たいがいのレースには問題なく使えますよね。

また、GPSデータの更新速度を1分に1回に下げるウルトラトラックモードではなんと、約50時間も!

一体どんな運動をする時に使うのかわかりませんが、バッテリーに関してはキチンと充電さえしていれば、あまり心配はないです。

音楽再生機能搭載

GARMIN(ガーミン)Music
写真出典:GARMIN WEBサイトより

ガーミンから発売されるミドルグレード位のGPS腕時計には、搭載されるようになってきた機能です。

音楽はスマホで聴くから別に・・・
girl.png
友だちちゃん

確かにスマートフォンで音楽を聴いている方も多いですが、スマートフォンポケットに入れたりしているとうっとうしく感じるスポーツクラブなどで活躍してくれます。

それに、Amazon Music、LINE MUSIC、AWA、SPOTIFYなど対応している音楽配信サービスで作っているプレイリストはそのまま取り込みできるので、取り込んでからの操作も少なくて便利です。

▼詳しくは、ガーミンの「音楽」ページを

自分専用のトレーニングアドバイスをしてくれる

ForeAthlete945 トレーニング負荷画面
写真出典:Amazon
  • VO2Maxに基づいた、暑熱と高度に対する適応状態を知らせてくれる
  • エクササイズ履歴とパフォーマンス指標を自動的に評価、指示してくれる
  • ワークアウトが持久力やスピード、体力にどのような影響を与えているかを確認できる
  • アクティビティの構成と強度に基づいて、最近のトレーニング履歴を様々なカテゴリに分類してくれる
uesei.png
うえせい

ちょっと難しいかも知れませんが、要するに自分専用のトレーナーの役割をしてくれるってことですね!

GARMIN Payに対応

GARMIN Pay

GARMIN Payという、ガーミンの電子決済機能が搭載されています。

ランニングやバイクなど、トレーニングに出かけるときって、お金はそれほど要らないまでも、小銭程度は必要なことが多いです。

途中で、水分補給をしたくなったときなど、小銭やスマートフォンが無くてもForeAthlete945だけで支払いができたら便利ですよね。

uesei.png
うえせい

ただ対応している金融機関が、まだ少ないので要注意ですけどね・・・

ランニングフォームの分析ができる

ランニングする男性の後ろ姿

ForeAthlete 945 には、ピッチ、ストライド幅、接地時間およびバランス上下運動および垂直比率などランニングフォームをチェックしたい時に必要な指標を測定してくれます。

HRM-Triなどの心拍計ストラップまたはウエストバンドに着用できるコンパクトなRunning Dynamics Podなどの対応アクセサリーが必要ですが、効果的に速くなるには必須のアイテムだと思います。

ForeAthlete945を使っている人の感想は?

ForeAthlete945の性能・仕様

 モデル名
レンズ素材Corning Gorilla ガラスDX
ベゼル素材繊維強化ポリマー
ケース素材繊維強化ポリマー
重量50.0g
ディスプレイ
サイズ
直径1.2インチ(30.4 mm)
稼働時間
(GPSオン
音楽再生+GPSモード+光学式心拍計:約10時間
GPSモード+光学式心拍計:約32時間
ウルトラトラックモード:約50時間
稼働時間
(GPSオフ)
14日間
光学式心拍計
スマホ通知
音楽保存再生
Garmin Pay
GPS
GLONASS
みちびき補完
Galileo
気圧高度計
コンパス
ジャイロセンサー
加速度計
温度計
Bluetooth
ANT+
Wi-Fi

ForeAthlete945の使い方動画

ForeAthlete945を買うとハッピーになれる人

  • ForeAthlete735やForeAthlete935などのハイグレードモデルを以前から使っていた方
  • ミドルグレードのForeAthleteを使っていて、バッテリーの持ちなどが気になり出した方
  • どうせ買うなら最初からハイグレードなものを買っておいた方がいいと思っている方
uesei.png
うえせい

ハイスペックだから難しいというわけではなく、計測項目とできることが多いというだけですから、最初からForeAthlete945もいい選択だと思いますよ

ForeAthlete945の良い点・気になる点

良い点

  • バッテリー稼働時間が長い
  • 音楽保存再生
  • 自分専用のトレーナーとなってくれる機能

気になる点

  • ちょっと高い
  • GARMIN Payの対応金融機関が少ないことと、Sucia非対応
  • 単体ではスイムで心拍数が計測できない

【最後に】ホントにForeAthlete945はおすすめなの?

結局うえせいはこう思う

ForeAthleteシリーズは、高級感を意識した作りにはなっていないため、普段使いはしない、もしくは普段は仕事でスーツなどのフォーマルな服装をしないと言う方については最高の一本になってくれると思います。

とってもバッテリー稼働時間が長く、高機能なため、トレーニングで使用すれば、満足感は高いですよ。

この記事で紹介したガーミン

LINE公式
「この記事が気に入ったらLINEで友だち追加をしよう!」

合同会社うえせいやと「Transition Area」の最新情報をお知らせします。

友だち追加