ランニングやバイク用のソックスに穴が開いた! 100均グッズでお手軽補修

2月 1, 2019

    この記事に書いてあること

高機能なランニングやバイク用の靴下は、値段が張ることから少し穴があいたくらいで捨てるのは勿体無いので、補修するグッズと方法をご紹介しています。

ランニングやバイク用の靴下は、サポート機能があったりシューズの中で滑りにくくなっていたりで高機能。
ちょっとお値段が張るもののよく考えた末に購入。
その機能には文句もなく気に入って使っていると、ある日。。。

uesei.png
うえせい

穴があいてるやん!!

ということを見つけた時のショックは、かなり大きい。

なんせ3足で1,000円というような靴下がある一方で、ランニングやバイク用のソックスって平気で2,000〜3,000円くらいするのがザラ。

くたびれてくる前に穴があいてしまうとショックが隠せないのが当たり前です。

スポーツするときにしか履く機会はなく、人に穴が開いていることを見られることもないので、そのまま履いていても特に問題はないのですが、そこから広がってきてすぐに履けなくなる可能性も否めません。

そこで簡単に補修できないかと思っているところ、100円均一ショップで補修グッズを見つけたので試してみましたので、ご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

某100円均一ショップで見つけた補修グッズ

セリアで購入したジャージ補修布
穴の部分を塞ぐように、糸で縫ってもよかったのですが、その部分だけ突っ張っってしまうような気がして、初めから補修用の布を探していました。

かと言って、補修用の布はどこにでも売っているのですが、靴下には伸縮性があり、そこに伸び縮みのしない布を当てると履き心地がとても悪くなりそう。

伸縮性のある補修布を探していところ、ちょうどジャージ補修布というものが某100円均一ショップで販売されているのを見つけたので購入しました。

オリジナルのものではないので、おそらくどこにでも置いてあると思います。

 

さっそく靴下の穴を塞いでみた

穴の開いた靴下

それほど大きい穴ではありませんが、ここから穴が広がってくると「足袋タイプ」の靴下なので、親指がコンニチハしても恥ずかしいので、早めに対処します。

uesei.png
うえせい

ぼくの場合、親指で踏ん張っているのか、いつもこの親指の腹の部分から穴が開くことが多いのです。

 
▼シートを適当な大きさにカットします。
補修布をカット

カットした補修布

表面から貼り付けた方が丈夫なのでしょうけど、シューズを脱いだときに見えないほうがスマートなので、裏側から貼り付けます。

裏返しにした靴下の穴の部分に、カットした補修布を乗せます。
カットした補修布を穴に乗せる

アイロンをあてると・・・
補修布にアイロンをあてる

けっこうしっかりと張り付いてくれています。
しっかり貼り付いた状態

表面から見ると、ほとんど分からなくなりました。
補修布を貼り付けて表面を見てみる

 

インターネットで検索すると靴下用の補修布が販売されている

100円均一ショップでは、同じチェーンでも店舗によって取り扱い商品が違うようですし、だいたい100円均一ショップって、宝探しみたいにして商品を探すように陳列してあるので、どちらかというと買い物は面倒。。。

インターネットで購入したいと思うのでしたら、「靴下用の補修布」も販売されているようですよ。

 

【最後に】補修してでも長く履けるなら、高価なスポーツ用ソックスも買えるよね

結局うえせいはこう思う
ランニングやバイク用の靴下って、高機能になればなるほど、結構いいお値段するもんなんですよね。
それにもかかわらず、普段履きの靴下よりは使い方がハードなので、案外早く破れたり穴が開いたりしがちです。

でも、こうやって補修しながらでも、長く履くことができたら高価なものでも、安心して買えそうです。

では、また。最後まで読んでくれてテリマカシ。

 
【関連記事】靴を履かずに靴下で走る!? 「OLENO はだし靴下ロード 5フィンガー」レビュー | TRANSITION AREA(トランジション エリア)

【関連記事】TABIO(タビオ)の「レーシング足袋ソックス」が快適! ランニングに使ってみた感想 | TRANSITION AREA(トランジション エリア)

【関連記事】タビオ(Tabio)コンプレッションハイソックス5本指、ランニングレビュー | TRANSITION AREA(トランジション エリア)

スポンサーリンク

LINE@
「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!」

合同会社うえせいやと「Transition Area」の最新情報をお知らせします。

友だち追加

ラン

Posted by うえせい