ガーミンForeAthlete55はトライアスロンに使えるか?上位モデルとの比較

ForeAthlete55

GARMIN(ガーミン)

    この記事に書いてあること

ガーミンのスマートウォッチ入門モデルであるForeAthlete55がトライアスロンに使えるのか?そして、上位モデルと比較してみるとどうなのかを検証してみました。

GARMIN(ガーミン)のスマートウォッチ「ForeAthlete55」ですが、ガーミンのラインナップではかなり安い価格ですね。

これまでのエントリーモデルを見てみると、おそらく前モデルとなる「ForeAthlete35J」だと、そもそもフェイスが四角だったりと見た目からちがったのですが、なんだか上位モデルと遜色ないような見た目になったForeAthlete55が気になったので、上位モデルと比較して、何が違って、トライアスロンでは使えるのかを調査したので、購入を検討されている方は参考にしてください。

ガーミンForeAthlete55はトライアスロンに使えるか?

結果から言うと、ForeAthlete55はレースでは「使えないこともないけど、レース全部を記録することはできないよ」というものです。

一番大きな理由としては、アクティビティに「トライアスロン」が無いということです。

つまり、スイム、バイク、ランをバラバラに計測をする必要がある上、それぞれの「トランジション」の時間は計測しようがないので、レーストータルのタイムは記録できないということになります。

なので、レースのタイムはオフィシャルで計測してくれているし「ガーミンウォッチ側でレースタイムを計測・記録できなくても問題ないよ」という方なら、使えるよということになります。

とはいえガーミンForeAthlete55は、かなりコスパがいい!

このブログ執筆現在(2021.9.6)ガーミン公式サイトでは24,800円(税込27,280円)で販売されています。それと比較して、一つ上のグレードになると、ForeAthlete 245 Musicで、 39,800円 (税込 43,780円)と、一気に2倍近くになってしまいます。

また、トライアスロンに対応したものと考えると、私うえせいも持っているForeAthlete745になるので、44,800円 (税込 49,280円)となってきます。

素材や、機能的な面をカットして、コストは抑えられているのですが、それでも問題ないという方なら、かなりコスパよくガーミンのスマートウォッチの利便性の恩恵を受けることができます。

girl.png
友だちちゃん

ガーミンって、使ってみたいけど、お値段も張るし勇気がいるんだよね

なんて方には、紹介した上位モデルより後で発売されたモデルなだけに、バッテリーもロングライフだしコスパのいい最適なモデルだと思います。

▼ForeAthlete 745について知りたい方はこちらを読んでください

ガーミンForeAthlete55を上位モデルと比較してみると

ひとまず、わかりやすいように、中級グレードのガーミンForeAthlete745と仕様を表で比較してみました

 ForeAthlete55ForeAthlete745
レンズ素材化学強化ガラスCorning Gorilla ガラスDX
ベゼル素材繊維強化ポリマー繊維強化ポリマー
ケース素材繊維強化ポリマー繊維強化ポリマー
重量37 g47 g
ディスプレイ
サイズ
42 x 42 mm43.8 x 43.8mm
稼働時間
(GPSオン
約20時間約16時間
稼働時間
(GPSオフ)
約14日間約7日間
光学式心拍計
スマホ通知
音楽保存再生
Garmin Pay
GPS
GLONASS
みちびき補完補完
Galileo
気圧高度計
コンパス
ジャイロセンサー
加速度計
温度計
Bluetooth
ANT+
Wi-Fi

上位機種と比較してガーミンForeAthlete55で省略されている機能

上の表からみて、ボクうえせいが気になった違いをピックアップしていきます。

センサー類

GPS、GLONASS、みちびき、Galileoといった位置を捕捉するためのセンサーは搭載されているのですが、それ以外のセンサー類は省略されてしまっています。

加速度センサーがあるので、プールでスイムするときなどは、それで泳法を判断したりストロークを計測したりはできると思いますが、やはり、ランニングでの使用以外はサブのような気がします。

Garmin Pay

Suicaに対応するようになって、ボクうえせいはGarminPayをとてもよく利用しています。

短時間のランニングであれば、スマートフォンを持たず走って、途中で喉が乾いたらGarminのスマートウォッチで決済ができるので、コンビニで飲み物を買ったりしています。

別にスマートフォンを持っていれば、特に必要のない機能ではあるので無くても困らないのですが、スマートウォッチでの決済に慣れてしまっていると欲しい機能です。

音楽保存再生

前述のGarmin Payと同様で、音楽をスマートフォンで聞けば良いのですが、早起きして朝からランニングするようなシーンではスマホは家に置いていくことが多いです。

そんな時でもスマートウォッチに音楽を保存しておくことで、Bluetoothイヤホンで音楽を聴きながらランニングをすることができます。

また、ボクうえせいの場合、ジムのトレッドミルでバーチャルランをするのですが、そういったシーンではスマートフォンからはバーチャルランアプリの音が聞こえるため、音楽が聴けません。

そこで、イヤホンのBluetooth接続はスマートウォッチ側にしておけば、音楽を聴きながらバーチャルランが楽しめます。

使い方次第になりますが、あったらいい機能の一つですね。

ガーミンForeAthlete55をお勧めしたい人

ランニングする女性

これからランニングをしていこうと考えていたり、すでにランニングはしているけど、距離やタイムなどを計測、記録してモチベーションアップをしていきたい方など。

とにかく、それほど機能はたくさんいらないけど、ひとまずランニングの記録していくあたって、多くの人が使っているガーミンを利用したいというニーズにバッチリだと考えます。

反対に、今までForeAthlete35など旧機種を使っていて、ステップアップなどを検討されている方にとっては、満足できないかもしれません。

【最後に】ガーミンForeAthlete55のコスパの高さは半端ない

これまでGarminのスマートウォッチのエントリーグレードは、機能がほぼランニングに限定されていたりしていましたが、ForeAthlete55は、スイムにも対応していますし、位置の測定についても、GPS、GLONASS、みちびき、Galileoと省略されていないので、精度や補足する速度についても問題ないと思います。

このように考えると、かなりコスパがいいモデルですので、ひとまずGarminの機能を使ってみたいという方には、かなりお勧めできるモデルになっています。