「ひわさうみがめトライアスロン2019」参加レポート

ひわさうみがめトライアスロン2019

7月 19, 2019

    この記事に書いてあること

2019年7月15日に、荒天の中、距離が短縮されながらも開催になった「ひわさうみがめトライアスロン2019 」に出場してきましたので、その模様やボクの感想をご紹介しています。

7月の海の日に開催される「ひわさうみがめトライアスロン」。
2019年の海の日は7月14日、見事に活発な梅雨前線の影響を受けてしまいました。

結果的に、心配されたほどには荒れなかった当日の天候ですが、午前5時の時点での判断で次のように発表されました。

 

2019.7.14
本日5時時点での最終実施検討委員会の結果について報告します。
前日夜から早朝に降った雨ならびに数日前からの雨の影響で地盤が緩い状況が続いているため、選手の安全を考慮し、バイクの距離を短縮し実施することになりました。
またバイク距離短縮に伴いスイムを1.5kmで実施した場合上位選手と下位選手が対面通行できない個所があるため、スイム距離も短縮し、スイム750m、バイク18km(第二展望台折返し)、ラン10kmで実施することになりました。
選手のみなさまには大変申し訳ありませんがご理解いただきますようお願いいたします。
なお距離短縮に伴いスタートを9:15、閉会式・表彰式は12時30分よりコミュニティーホールで行います。
ひわさうみがめトライアスロンホームページより

 

  • スイム750m
  • バイク18km
  • ラン10km
uesei.png
うえせい

天候だから仕方ないんやけど、ちょっと残念

距離は短くなっちゃいましたが、どのようなレースだったのかレポートします。

 

スポンサーリンク

トランジションエリアが、コースから離れてしまった

スイム、バイク、ランと3種目続け行うトライアスロンに必須なのが、当ブログのタイトルでもある「トランジションエリア」と言われる、種目の切り替え時に道具をおいておき、装備を交換するためのスペース。

そのトランジションエリアが、駐車場としても利用しているグラウンドの1スペースに配置されて、スイム、バイク、ランのどの種目のコースからも遠く、トランジションエリアに帰ってきてから、コースに出ていくまでの、そこそこの距離を歩く必要があって、タイム的にはちょっとマイナス要因だなと思いました。

 

スイム

うえせいスイムアップ
そもそも2周回する予定だったコースを1周回だけするように変更になりました。
当日、そこそこ波やうねりはあったのですが、そこまで激しいものではなく、逆にうねりを利用して前方確認するためのヘッドアップをすることで、前が見やすかったように思います。

距離が半分なので、短い距離で出し切るように泳ごうと意気込んでスタートしたものの、スタートしてすぐのスイムバトルで、いつもどおり譲ってしまい、そのあと前に出ようと思ってもなかなか難しく、いつもどおりイマイチな結果に。。。

 

スイムでの今後の課題

単に速く泳ぐ練習よりも、いかにスイムバトルで譲らないように泳ぐかということを考えてみるほうが良いかも知れません。

 

バイク

uesei.png
うえせい

バイクは写真が無いのです

バイクもイマイチな結果に。。。
もともとそれほど速くはないのですが、小雨の降るなか、路面は完全ウェットでした。
この状態で、あまりスピードを出してもスリップする可能性があり、特に下りではスピードを落として走っていました。

ただ、思い切って走れる上りでも、それはそれで速いわけではなく。。。

練習量と時間がモノを言うバイクでは、如実に練習不足が出た感じがしました。

 

バイクでの課題

バイクに関しては、練習量もそうなんですが、自転車に乗ればいいという考えだけで、理論的なことはほとんど学んできませんでした。
道具を扱う競技だけに、もう少しテクニカルなことを勉強してみようと思います。

 

ラン

うえせいラン

uesei.png
うえせい

なぜか顔が前に出てるwww

今回の「ひわさうみがめトライアスロン2019」において、唯一コースが短縮されなかったラン。
スイムやバイクが短かったからか、ランはかなり気持ちよく走ることができました。
現に、2018年に出場した際は、同じコースで約1時間だったものが、2019年は51分。
たった10kmのランで9分短縮できたのは大きいです。

「ひわさうみがめトライアスロン」のランコースは、日和佐川に沿って緩やかに上っていき、緩やかに帰ってくるコースで、ほぼフラットと言ってもいいくらいアップダウンはありません。

 

【最後に】風光明媚とは言いづらいですが、海と山と田んぼに囲まれたコースは、まさに自然を感じることができます。

うえせいゴール
「ひわさうみがめトライアスロン」は、バイクコースは一気に上り眺めの良い道をアップダウンしながら進むコース。ランのコースで見える景色は山と田んぼだけですが、とても自然を感じることができる良いコースだと思います。

天気はあいにくだったしコースも短縮になりましたが、楽しむことができました。

また、課題も見つかったので、克服していきますが、どうやらボクの場合はタイム云々より、レースを楽しく走るためにトレーニングをしているようで、キツイ練習はしていますが、レースでは緊張感なく楽しんでます。

このため、タイムは練習でやっているほど良いタイムがでませんが、トライアスロンの楽しみ方は人それぞれだし、いいかなぁって思ってます。

uesei.png
うえせい

でも、来年は今年よりタイム縮めるぞ!

では、また。最後まで読んでくれてテリマカシ。

 
【関連記事】No1のバイクコース! 「ひわさうみがめトライアスロン2018」参加レポート

【関連記事】「南紀白浜トライアスロン2019」出場レポート! 白浜の風景を楽しめるロケーションが最高

【関連記事】大阪城トライアスロン2018に出場!

 

今回、GARMIN(ガーミン)とアップルウォッチ両方を使って計測しました

GARMIN(ガーミン)とApple Watch
使ってみて、ログをとってみての比較をしています。

比較記事は、いま書いているので近々に公開しますね。

 

ボクの使っているGARMIN(ガーミン)時計

スポンサーリンク

LINE@
「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!」

合同会社うえせいやと「Transition Area」の最新情報をお知らせします。

友だち追加