トライアスロンのレースナンバーシールの貼り方、剥がし方を解説します

レースナンバーを貼った腕

1月 7, 2019

    この記事に書いてあること

トライアスロンに出場するときに配布されて、両腕に貼らないといけないレースナンバーシール。意外と失敗することも多いので、綺麗に貼れるコツをまとめました。

ボクがトライアスロンを始めたときは、当日の朝にエントリー受付に行くと、両腕、両足にマジックで書かれてたのを思い出します。
いまはレースナンバーシールを貼るのが一般的なようですね。

しかし、このレースナンバーシール。意外と貼るのが難しくて、よく失敗するようです。

uesei.png
うえせい

ボクも初めて貼った時は、見事両腕分とも失敗して、当日マジックで書いてもらいましたよ

それ以来、なんどもレースに参加してそのたびにシールを貼った経験から、綺麗に貼るコツがあることがわかったので、ご紹介しておきます。

 

スポンサーリンク

レースナンバーシールとは

レースナンバーシール
基本的には腕に、自分のレースナンバーを貼るためのシールです。

水に濡らして、貼り付けるもので、タトゥーシールと同じようなものだと思ってもらうとわかりやすいです。

 

レースナンバーシールの貼り方

1.両腕分くっついているので、分ける

剥がす

▼片腕分になった
レースナンバーシール片腕分

 

2.貼る部分を綺麗にする

腕をタオルで拭く
そもそも油脂が付いている状態だと綺麗に貼れないので、風呂上がりがベストですが、お湯を含ませたタオルで拭いても構いません。

uesei.png
うえせい

ちなみにボクはもともと腕に体毛がほとんどありませんが、体毛が濃い方は剃っておいたおいた方がいいですよ

 

3.体に貼る側にあるフィルムを剥がす

フィルムを剥がす
体に密着させる側にフィルムが付いているので、このフィルムを剥がします。

 

4.貼りたい場所に固定して、濡れタオルをシールにポンポンと当てて湿らせる

レースナンバーシールを湿らせる

uesei.png
うえせい

ここでワンポイント!
充分に湿らせないと、台紙にシールが残ってしまい上手く貼れませんが、だからといってベチャベチャに濡らしてしまうと、どうやらシールがもろくなるようで、レース終盤にはボロボロになってしまいます。

 

uesei.png
うえせい

水が滴らない程度に湿らせるのがコツです

 

5.シールが体に密着してくると、台紙が浮いてくる

台紙が浮いてくる
台紙が浮いてきたころに、台紙を剥がします。

 
▼レースナンバーシールが貼れました
レースナンバーシールの出来上がり

 

レースナンバーシールは、やっぱりレース当日朝の方がいい

トライアスロンのレース当日というのは、とても朝が早く支度もたくさんあるので、レースナンバーシールは前日に貼るという方も多い。
よっぽどのことが無い限り剥がれたりしないので、前日に貼っても問題ないのですが、寝ている間に布団の繊維などがたくさん付着してしまいます。

uesei.png
うえせい

やはり、当日の朝に貼ったほうが無難でしょう

 

【まとめ】水滴が滴らない程度にシールを濡らすのがコツです

結局うえせいはこう思う
シールをベチャベチャに濡らしてしまった方が、楽に貼れるのですが、どうやらそうすると、レース後半でボロボロになってしまうようです。

綺麗に貼るには、水が滴らない程度に濡らして、しっかりシールが体に密着してから台紙を剥がすと、丈夫に綺麗に貼れるようです。

ちなみに、レース後剥がすには、ガムテープを貼って、一気に剥がすと綺麗に剥がれますよ
では、また。最後まで読んでくれてテリマカシ。
 
【関連記事】2018年 これからトライアスロンを始めたい! 出場するために最低限揃えるもの一覧

【関連記事】ミュゼの薬用ヘアリムーバルクリーム(除毛クリーム)で、トライアスロンのレース準備

【関連記事】TYR メッシュ エキップメント バッグは、トライアスロンレースの必需品

スポンサーリンク

LINE@
「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!」

合同会社うえせいやと「Transition Area」の最新情報をお知らせします。

友だち追加