【FEELCAP】ランニングキャップのレビュー「SPEED PERFORMANCE CAP 360」

FEELCAPランニング

グッズ他

    この記事に書いてあること

FEELCAPのランニングキャップ「SPEED PERFORMANCE CAP 360」を購入しました。数回使ってみての感想をご紹介している記事です。

ランニングする時って、キャップをかぶる派とうっとおしいからかぶらない派といますが、ボクうえせいはほとんどの場合被っています。

理由は2つあって、一つ目は朝の時間帯に寝癖のまま走っていることが多いというのと、2つ目は紫外線を直接浴び続けると頭皮のダメージが大きく抜け毛に繋がるから、ということです。

このため、ランニングキャップはランニングには欠かせないのですが、なかなかコレっていうのが見つからないもので、この度購入したFEELCAPの「SPEED PERFORMANCE CAP 360」が非常に良かったので、ご紹介しておきます。

参考にしてもらえれば嬉しいです。

FEELCAPってどういうメーカーなの?

FEELCAPイメージ
画像出典:FEELCAPのWEBサイトより

FEELCAPは従来の設計をゼロから見直し、よりアジア人に合わせた被り深さや幅、素材や形状、スポーツ別に求められる機能をあらゆる角度からアプローチし、高いフィット性と快適さを追求しました。

FEELCAPのWEBサイトより
そう!これすごく大切やねんな。欧米のアウトドアブランドなんかもランニング用キャップを販売していますが、どうも被りが浅くてフィットしないのも多いんですよね。

その点、FEELCAPは、頭部形状は円形に近く側頭部が張り出しており、平らな形状をしたアジア人にフィットするように作っている日本のスポーツ用キャップのメーカーです。

ランニングキャップ「SPEED PERFORMANCE CAP 360」の特徴

SPEED PERFORMANCE CAP 360

見ての通り、キャップのツバ部分以外はとても柔らかい素材でできていて、伸縮性もかなりあるので、被った感じはとても柔らかいです。

また、内側にはとても吸水性の高い生地が使われているので、汗が落ちてきて目に入ったりする不快なことが起きにくいようです。

uesei.png
うえせい

この記事書いてるのが春やから、夏になったらまた感想追加するわー

この部分の調整が、他の帽子では見たことがないものです。

被りの深さが調整できるように、キャップの縦方向にマジックテープがついています。

サングラスをかけたり、イヤホンをしたり、そもそも被りの浅いのが好みだったりと、調整ができるのはとても便利です。

そのまま一番深い状態でかぶると、ランニング用のキャップでありがちな浅い感じにならず、サングラスと一緒だとかなりかっこよくなります。

uesei.png
うえせい

「自分でいうな!」って言わないでな!

SPEED PERFORMANCE CAP 360

内側の縫い目部分にもテープが貼り付けてあります。

SPEED PERFORMANCE CAP 360

ツバは、初めからカーブしてあるのですが、だからと言って硬い感じでもなく、反対に柔らかくもない、スポーツで使うキャップとしてのベストバランス的な硬さです。

ランニングで着用した感想

SPEED PERFORMANCE CAP 360

まず良かった点ですが、見ての通りの深いかぶり。

普段かぶっているベースボールキャップと同じくらいあります。

uesei.png
うえせい

ボクはこういうの探してたんよね

そして実際かぶってみて、やはりこの柔らかさが走っているとき、とても快適でした。

汗も落ちてくることが少ないようですし、ずっと被っていられる印象です。

そして、反対にちょっと気になった点は、後ろ前に被った時に、切り返しの関係か、水泳のキャップを被ったみたいになって、ちょっとダサい感じになることです。

uesei.png
うえせい

ま、ちゃんと被れってことですよね

【最後に】夏場のランニングにはキャップを!

結局うえせいはこう思う

あまり炎天下に走るのはおすすめできませんが、夏場は朝や夕方でもそれなりに紫外線も強く、気温も高いので熱中症対策にキャップは必須です。

だからと言って、適当にキャップを選んでいると、かぶって走ることがうっとうしくなって、結局かぶらないということに。

その点、FEELCAPのランニングキャップなら快適です。

それほど高いキャップではないので、一度試してみてはいかがでしょうか?