軽いだけじゃない!自転車のギアに「チタンの鎧」でメリット大【ニュース】

チタンの鎧

ニュース

    この記事に書いてあること

クレストヨンドが、新しく自転車の駆動系(ギアやチェーン)のコーティング「チタンの鎧」を発売しました。宇宙開発技術から産まれた最先端ナノテクノロジーを自転車に応用したもので、ギアの伝達力が上がったり、ギアチェンジがスムーズになったり、部品の寿命が伸びるなどの効果があるということで、ご紹介をしています。

boy.png
友だちくん

クレストヨンドって「ガラスの盾」っていうガラスコーティング剤を販売してなかった?

uesei.png
うえせい

そうそう「ガラスの盾」は、うえせいも使ってるよ!

その「ガラスの鎧」「ガラスの盾」でおなじみのクレスヨンドさんが、今度は「チタンの鎧」の施工を始めるんですが、いったいどんな特徴があるのかをご紹介していきます。

自転車の駆動系(ギアやチェーン)コーティング「チタンの鎧」のメリット

チタンの鎧

「チタンの鎧」でギアをコーティングすることで、いったいどんなメリットがあるのでしょうか?そのあたりをご説明していきます。

1.コーティングしたパーツの寿命が長くなる

「チタンの鎧」はシングルナノの酸化チタン粒子が分子間力(ファンデルワールス力)で付着しています。

uesei.png
うえせい

ファンデルワールス力っていうのは、分子の瞬間的な分極によって生じる静電気的な引力で、ヤモリが壁に張り付く力がそれにあたるようやで

ナノ粒子とは10-9倍(10億分の1)の大きさで非常に小さい粒子なので、コーティングのための接着の役割をするバインダーという材料が必要ないとのこと。

ギアの表面をチタンナノ粒子が自由に動き小さなベアリングに作用をして、一度離れることはあるのですが、また付着します。

このことで長寿命を実現いるのです。

2.ギアとチェーンがガッチリ噛み合うことでパワーの伝達力が上がる

ギアとチェーンがガッチリと噛み合い、良い意味でトルクが分散して、脚が軽く回る感覚を体感できるようになります。そのためより少ないパワーでスピードを上げることができるのです。

3.シフトチェンジがスムーズになる

ナノチタン粒子がコーティングされているので、滑るようにシフトチェンジができ、シフトチェンジのスピードもアップします。

4.自浄効果がありギアが綺麗な状態が長持ち

酸化ナノチタンによる優れた自浄効果があるうえに、帯電防止効果もあります。

5.シマノやカンパ、スラムなど純正の駆動系部品が使用できる

チタンにはさまざまなメリットがあり、自転車の部品でも多く使用されています。

ただしシマノやカンパ、スラムというメーカーの変速機を使っていて、ギアだけ社外品というのも良いのですが、やはりギアチェンジがスムーズにできなかったりするんじゃないかという心配もありますよね。

それが、それぞれのメーカー純正のものを使用して、それをコーティングするので、いろんな心配事が一気になくなります。

元プロロードレーサー、ブルベ第一人者の三船さんより

三船さん

シフトも明らかにスムーズ、漕ぎ出し、一定負荷での走行が一番効果わかりやすい。
ヒルクライムやタイムトライアルでは抜群。下手なカーボンホイールは要らない。
しかし驚きの耐久性。ギヤの寿命が延びているのが実感できる。
マジで自分の自転車は全部コーティング済みにしておきたい。デメリットが存在しない。ヒルクライム、確実にタイム上がる。もう手放せない!

uesei.png
うえせい

「ヒルクライム、確実にタイム上がる。」って言われると使いたいですよね

「チタンの鎧」は施工してもらう必要があります

ギア

「ガラスの鎧」同様に施工をしてもらう必要がありますが、違いは、特殊塗工装置を用いて施工するので、クレスヨンドでしかできないということです。

uesei.png
うえせい

コーティングしたい部品をクレスヨンドに送って、コーティング後返送してもらうって方法ですね!

チタンの鎧

料金は次の通りです。

  • ドライブトレインセット[トラック用・ロード用・MTB用]  16,500円(税込) 
  • 加工済みチェーン(DURA ACE 11s)11,900円(税込)
  • チェーン(ロード用):5,500円(税込)
  • チェーン(トラック用):6,600円(税込)
  • チェーンリング(ロード用):4,400円(税込)
  • チェーンリング(トラック用):6,600円(税込)
  • スプロケット(12速まで):5,500円(税込)
  • 小ギア(トラック用):3,850円(税込)
  • リアディレイラープーリー:3,850円(税込)
  • フロントディレイラーブレード:3,850円(税込)
  • その他:1パーツ 3,850円(税込)〜サイズ、形状により変わります。
  • 返送料一律660円

詳しくは「チタンの鎧」紹介ページをみてください。

【最後に】ガラスコーティング同様にチタンコーティングが当たり前になるかも

結局うえせいはこう思う

ボクうえせいもトライアスロン用のバイクを購入したときに、ガラスコーティングを施工してもらいました。

そして、長く乗ってるとコーティングが弱くなる気もするので、ときどき「ガラスの盾」を塗布して自分でコーティングしています。

ピカピカの自転車は気持ちいいですからね。

それと同様にチタンコーティングをしておけば、ギアやチェーンなどの寿命も長くなるし、ギアチェンジの精度もあがるときたらやっておくにこしたことはないでしょう。

2020年2月より受注開始予定らしいので、施工をお願いしてみようと思います。

そしたら、レビュー記事を公開しますね。