腰痛持ちなので、ランニングをやめてノルディックウォーキングをはじめました

LEKI ノルディックウォーキングポール

2月 17, 2019

    この記事に書いてあること

ヘルニアで腰を痛めて運動ができなかった頃、足腰に負担を掛けたくないが、地面からの衝撃が少なくなると骨が弱くなることも考えて、ノルディックウォーキングをしていました。そのノルディックウォーキングの効果についてご紹介した記事です。

ヘルニアで入院してから、約1年が経ちました。
ずっとマラソンやトライアスロンをしていたことから、その後、復帰して、また痛めて。。。

そんな方も多いのでは無いでしょうか?

uesei.png
うえせい

ボクうえせいも、治って、痛くなっての繰り返しです。

このため、腰に負担のない自転車に限定して、運動していたのですが鍛えられる部分が、地に足をつけて行うスポーツとは異なるため、ノルディックウォーキングを取り入れることにしました。

ノルディックウォーキングを始めることにした理由をご紹介します。

2019年2月17日 追記
現在は、完全復活してトライアスロンの練習に励んでいますよ!

 

sponsored link

自転車で鍛えられる部分は特殊であるため、歩いたり走ったりするための筋肉が落ちる

自転車というのは、地面からの反発をあまり受けない。

つまり、歩いたり走ったりという、日常で使うべき筋肉はあまり使わないのです。
その上、地面からの衝撃が少ないということは、その衝撃に対応できるだけの骨が強くなるという効果もないということです。

 

運動するなら、自転車で使うべき筋肉も鍛えたい

自転車乗り
これも、もう一つの理由です。

どうせ、自転車以外の運動をするならば、自転車で使うべき筋肉を鍛えられると、一石二鳥になるではないですか。

自転車では、カラダの後ろの筋肉、背筋や大殿筋(おしり)を使うのですが、ノルディックウォーキングもポールをついて前を進む事によって、この筋肉が鍛えられるというのです。
うえせいもいい年になってきましたが、それでいておしりがプリっとした後ろ姿ってカッコイイかな、なんて・・・

 

 

【まとめ】うえせいがノルディックウォーキングをはじめた理由

結局うえせいはこう思う

  1. ヘルニア持ちで、腰に不安がある
  2. 少しは、骨に負担をかけないと強くならない
  3. 背中やおしりを鍛えたい

この3つとも叶えてくれるのがノルディックウォーキングだったようです。

高齢者の方が健康のために取り入れていることが多く、ちょっと恥ずかしい気もしましたが、やってみると想像以上に早く歩けるし、全身を使っているようで、上半身も疲れます。
これと自転車で、足腰に負担をかけず効率よくトレーニングができそうです。

ちなみに、今日は途中でランニング中の息子にバッタリ会ってスターバックスでお茶をした帰ったので、距離は少なめ。
5km程度は歩きたいですね。

では、また。最後まで読んでくれてテリマカシ。

▼今日のノルディックウォーキング

 
【関連記事】GARMIN(ガーミン)の心拍計内蔵GPS腕時計おすすめ12選

【関連記事】2019年 これからトライアスロンを始めたい! 出場するために最低限揃えるもの一覧

【関連記事】GARMIN サイクルコンピュータ「Edge130」 コスパ最強

 

sponsored link

LINE@
「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!」

合同会社うえせいやと「Transition Area」の最新情報をお知らせします。

友だち追加