GARMIN「Edge25J」を使って、初ライド! 自転車は楽しい。

2月 17, 2019

    この記事に書いてあること

GARMIN(ガーミン)の リーズナブルで必要十分な機能が嬉しいコンパクトなサイクルコンピューター「Edge25J」を使って初ライドを楽しんできました。その感想をご紹介しています。

GARMIN(ガーミン)「Edge25J」というコンパクトなGPS付き高機能サイクルコンピューターを使っての初めての自転車トレーニング。

「Edge25J」を使った感想をご紹介させていただきます。

 

uesei.png
うえせい

実は、自転車トレーニング自体が空いてしまっていたので控えめでした。

 

スポンサーリンク

良かった点その1 「詳細なトレーニング内容が帰宅してスグにPCのアプリ「GARMIN CONNECT」で見られる


GARMINの製品は、ライフログバンドだけで今回のサイクルコンピューターが本格的なもとしては初めてになります。

スマートフォンではないので、自転車を降りてスグにそのまま投稿!と、いう風にはいきません。

Bluetoothでスマートフォンアプリ「GARMIN CONNECT」と同期ができるので、帰宅してすぐにPCを起動するとすでに上記のようなトレーニングの内容が表示されています。

 

良かった点その2 自転車トレーニング中に心拍数を管理できる

vivosmart HR Jとツーショット
今回、心拍計がついたGPSウォッチや活動量計を「Edge25J」とANT+という通信規格で接続して自転車に乗って記録をとると、心拍数データも距離やスピードなどと一緒に記録されます。

どのくらい追い込めているか、心拍数の変化からのトレーニングの効果なども併せて確認、管理ができるようになるのです。

 

ちょっと気になった点 GPSの補足に結構待たされる

私がトライアスロンなどでメインに使っている「fenix5 Sapphire」だと、だいたい1分以内にはGPSをキャッチしてくれるんですが、「Edge25J」はちょっと待たされることが多く、ガマンしきれず出発してしまうことがあります。

低価格モデルなので仕方ないのですが、アップデートで改善されることを期待しています。

 

【関連記事】スマホとサイクルコンピューター同時に連携! Wahoo RPMスピード&ケイデンスセンサーが超便利

【関連記事】GARMIN サイクルコンピュータ「Edge130」 コスパ最強

【関連記事】GPSウォッチ「fenix5 Sapphire」がサイクルコンピュータに レックマウントを使って自転車に装着!

 

▼こちらもシンプルでよい

スポンサーリンク

LINE公式
「この記事が気に入ったらLINEで友だち追加をしよう!」

合同会社うえせいやと「Transition Area」の最新情報をお知らせします。

友だち追加