シングルスピードのバイクを2段変速&コースターブレーキにするスターメーアーチャーのハブ

スターメーアーチャー

2月 17, 2019

    この記事に書いてあること

シングルスピードバイクをスッキリ見せるためには、ハブに内蔵されたコースターブレーキを使うといい!そして、ボクうえせいは、それに2段変速までついたスターメーアーチャーのハブを使っているので、どんなものかをご紹介しています。

2010年台前半まで流行していたピストバイクですが、乗っていると次のように言われることがあります。

boy.png
友だちくん

脚が常に回転したままで、公道で乗るには危ない


girl.png
友だちちゃん

どーせブレーキ付けてないんでしょ

流行当時、ブレーキは前後ともつけていましたが、固定ハブといって常に脚が回転したままになる仕様で乗っていた、ボクうえせい(@charin_co)も、いまはちょっと仕様を変えて乗っています。

steamroaler
▲私うえせい(@charin_co)のちょい乗り用、シングルスピードバイク。

  • フリーハブ(脚を止めても車輪は回転し続ける)
  • 変速付き
  • 後輪はコースターブレーキ

現在は、こんな仕様にしているのですが、これを実現するのに必要なパーツはたった1つで、それがスターメーアーチャーの「S2C キックシフト2段変速 コースターブレーキハブ」です。

ちょっと自転車に詳しい人に「いったいどうなってる?」と聞かれることも多いので、記事にしてご紹介しておきます。

 

スポンサーリンク

Sturmey-Archer(スターメーアーチャー) S2C キックシフト2段変速 コースターブレーキハブ

スターメーアーチャーのハブ
もともと、この自転車には、後ろブレーキが付属しておらず、後から付ける形になるのですが、後ろのブレーキを付けることによってシンプルな外観が損なわれるのが嫌だったのです。
そして、いろいろと調べた結果コースターブレーキがいいという結果になります。

コースターブレーキとは?
きちんとJIS規格にも通っているブレーキで、ペダルをある一定の角度以上逆回転させるとブレーキのかかる仕組みになっているものです。

つまり、道路交通法上全く問題がないということですね。
 

その上で変速機能までついてるのが、このハブです

ある一定角度ベダルを逆回転させると、変速します。
そして、もうちょい多めに逆回転させるとブレーキがかかります。
このあたりの感覚はなれないと、ブレーキがかかってしまってなかなか上手く変速できないのですが、一旦なれてしまうとワイヤーケーブルもなにも要らずに、ベダルの逆回転だけで行えるのは、物凄く便利だしハンドルまわりか物凄くシンプルにできます。
▼このように、前ブレーキのみレバーがついています。
IMG_0402
 

シングルスピードバイクに乗っている方は、装着してみてください。自転車に乗るのが一層楽しくなります

スポンサーリンク

LINE@
「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!」

合同会社うえせいやと「Transition Area」の最新情報をお知らせします。

友だち追加