スマートフォンと同期して通知を表示する機能付きの活動量計3つをご紹介

vivosmartJ壊れかけ

2月 17, 2019

    この記事に書いてあること

GARMIN(ガーミン)の活動量計の液晶がキチンと表示されなくなってきましたので、GARMIN(ガーミン)のvivosmartHR、vivoactive、そしてpolarのA360のいずれか、または時計の裏につけて使う「CHRONOS」がいいのかを調べて比較検討した結果をご紹介しています。

ずっと便利に使っていたGARMINの活動量計の液晶がおかしくなってきてキチンと表示されなくなってきました。

いま使っているのは、VivosmartJというもので、スマートフォンの通知を表示する機能がついています。

どちらかと言うとそっちの方がメインだったりするのですが、そのあたりを含めて新しいものを買おうと思っているので、いろいろと調べてみました。

 

uesei.png
うえせい

vivosmartは、2019年2月現在「vivosmart4」へと進化しています。


 

スポンサーリンク

ガーミン(GARMIN)vivosmartJに心拍計をつけた「vivosmartHR」

連携して使っているスマートフォンのアプリやガーミンサイトにアップしているデータをそのまま継続して使うことができる上に、スマートフォンの通知も受けられて、恐らく使い勝手もそう変わらないでしょう。
加えて、心拍数を計ることができるということは、「心拍トレーニング」が可能だということになります。
最大心拍数をキチンと計測してトレーニングをすることによって、効率的にトレーニングを行うことが可能になります。
うえせい(@charin_co)にとっては、かなり狙い目モデルになります。

 

2019年2月現在、GPSも内蔵した「vivosport」がおすすめ!

 

GPSまで付いているガーミン(GARMIN)「vivoactive J」

これに心拍計が付いていると、最強なんでしょうけど、このモデルはGPSが付いていること。

それと、ディスプレイが大きくランニング中のデータなんかが確認しやすいのもいいですね。
スマートフォンと連携はできますが、ランニング時にはスマートフォンをもって行かず、この「vivoacriveJ」のみ、なんて使い方にはピッタリかも知れません。

なんせ、GPSで有名なガーミンの製品だけにこれ単体で正確なランニングデータが取れるでしょうから。
しかも、うえせい(@charin_co)の場合は、ランニング以外に自転車のトレーニングをします。
ランニング程度のトレーニング時間ならば、スマートフォンでも問題ありませんが、自転車となると時間が長くなりがちですので、スマートフォンだとパッテリーの心配がでてきます。

トレーニングをメインで考えるとこれも捨てがたいです。

 

2019年2月現在「vivoactive3」に進化して、とても使いやすく機能も向上しています

 

POLAR(ポラール) 活動量計+リスト型心拍計 A360

先ほどのガーミンと言えば、GPSで有名なんですが、このPOLAR(ポラール)は心拍計で有名です。

私も昔ポラールの心拍計を持っていましたが、壊れてからずっとそのままにしています。

そんなポラールからも活動量計が発売されていて、しかもカラー液晶でもちろん心拍計付き。

その上、スマートフォンの通知も表示出来るようです。
これだと、vivosmartHRとほぼ同様の機能のようです。

向こうはカラー液晶でない分かどうかは分かりませんが、ライバル機種になるんですかね。
パッと見た感じはこっちの方が見やすそうな気がします。

 

uesei.png
うえせい

運動をする前提で選びましたが、運動しない人だったらいい商品があるんです。

 

【番外編】運動を意識しないのなら、この「CHRONOS Wearable」もアリでしょう


このCHRONOSには、一応の活動量計も付いているしスマートフォンと連携して光で知らせてくれる。
なにより、いつも使っている時計に付けることができるので、時計と2つ付ける必要もないし、なによりお洒落ですよね。

スマートフォンからの通知は、光だけで文字が表示されないので詳しいところまでは、分かりませんがある程度分かるだけで、だいたいOKなことも多いので、これはこれでありでしょう。

いまのうえせいは、コレに傾いています。

 

【まとめ】活動量計つけ始めると、ないと気になるものになるものです。

結局うえせいはこう思う
つけ始めて、1年くらいになりますが毎日どのくらい歩いているのかなど気になるようになってきます。

また、スマートフォンも通常サイレントモードにしていて、通知はすべて「vivosmartJ」で受けています。
これに慣れてくると手放せなくなってきています。

それなら、「apple watch」で良いかもしれないのですが、どうも常に身につけるもの考えた時の違和感があってダメなんです。
機能よりもデザイン的な部分がネックです。

とにかく壊れかかっているので、次のものを買わないといけません。

また購入したら、レビューしますね。
では、また。テリマカシ。

【関連記事】GARMIN vivosport GPS付きライフログバンドで、お手軽ランニングログ計測

【関連記事】GARMIN(ガーミン)vivoactive3 Black Slateを2週間使ったので、使用感レビュー

 
▼ガーミン選びに困ったらこの記事


 

スポンサーリンク

LINE@
「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!」

合同会社うえせいやと「Transition Area」の最新情報をお知らせします。

友だち追加