スポーツタイプの自転車を購入するときに気をつけるたった1つのこと

自転車乗っている人の影

2月 17, 2019

    この記事に書いてあること

これから、ロードバイクやクロスバイクなどの本格的なスポーツタイプの自転車を買う人向けに、自転車歴18年でメッセンジャーの経験もあるうえせいが、購入するときの注意点を解説しています。

自転車店も大型化してきて、街の小さな自転車店が減ってきています。

その結果、大型のお店にはなんでも売っているように見えますが、実際は「スポーツタイプ風の自転車」が多いです。

形はスポーツタイプの自転車のように見えるのですが、素材や使っている部品をみるとあくまで普段乗りの域を超えないもののことです。

例えば、ロードバイクだったらフレームに使っている素材が重すぎて、まともに長距離を走れるようには思えなかったり。

またはマウンテンバイクの場合、多くは強度不足だったりします。

なかなか、はじめてスポーツタイプの自転車を買う方にとっては難しいので、うえせい(@charin_co)が一発解決します。

 

スポンサーリンク

できたら試乗したい

自転車に乗っている人
なんでもそうですが、一度使ってみると分かりますよね。
昨今の自転車ブームで、各有名メーカーさんでも、ショールームを持っていたりします。

自宅の近くにお気に入りのメーカーさんがあって、試乗して気に入ったらそこで買ってしまうというのも手です。

実際、自社の自転車ですから詳しいのは当たり前ですよね。

また、近くにない場合でも、ショールームにいって試乗だけさせてもらってもいいでしょうし、年に何回かあるサイクルモードというイベントがあります。
多くのメーカーさんが出展していて、展示だけでなく試乗ができます。

たくさんのメーカーさんの自転車を一度に試乗できるチャンスですので、自転車を買う予定のある方はイベントの日程をチェックしておくといいでしょう。

 

なんでも売っている大型の自転車量販店のスタッフは、スポーツタイプの自転車に詳しくない場合もある

自転車店
これは、ボクうえせいが失敗したケースです。

ボクが、トライアスロンに出場するために初めてロードバイクを買ったのは、ママチャリなどをメインに扱っている近所の大型の自転車量販店。

さすがにいろいろと調べていたので、展示してある「なんちゃってスポーツ自転車」を買うことはしませんでしたが、カタログ注文をしました。

しかし、サイズに関するアドバイスもなく

boy.png
スタッフ

LとMがありますが、どうしますか?

uesei.png
うえせい

よくわからないですが、Lにしておいてください

ってな感じ。

納品された自転車も、いま思えばセッティングはいまいち。

スボーツタイプの自転車には、ママチャリにはないサイズというのがあります。

そのサイズを合わせたうえで、ハンドルやサドルの角度、その他たくさんの調整箇所があって、その人それぞれにフィットさせて乗るのが当たり前なんです。
知識が不足している場合は、適当に合わせてしまうので、長距離乗ってるとかなり疲れるどころか、故障の原因になります。

しっかり知識をもった、スポーツタイプの自転車の専門店をオススメします。

uesei.png
うえせい

ボクが初めてロードバイクを購入した頃は、スポーツタイプの自転車の専門店は少なかったですからね

 

自転車には必ずメンテが必要

工具
自転車には、必ずメンテナンスが必要になります。

例えば、チェーンには「オイルとさす」というのは、ご存知でしょうけど、ママチャリとはその頻度が違います。
粘度の低い粘り気のないタイプのものを使うので、すぐに落ちてしまいます。

また、タイヤに関しても高圧のものを使いますので、わりと頻繁に空気をいれる必要があります。
このあたりは、ある程度自分で出来ることですが、その他たくさんメンテ項目があり、時々は自転車屋さんにみてもらうことが、快適な自転車ライフに繋がります。

メンテに時々行くことによって、自転車屋さんとのパイプもできて、イベントなんかの情報も教えてくれたり、仲間ができたりもします。
必ず通える範囲で購入することがいいでしょう。

【オススメの本】

【まとめ】通える範囲で、知識が豊富なお店を選ぶ

結局うえせいはこう思う
自転車を購入するのは、どんな自転車を買うかも重要ですが、一番は

「どんなお店で買うか」
が、一番重要です。

うえせい(@charin_co)は、なにも知識の無い時に数回失敗していますが、トライアスロンも出場し、メッセンジャーを経験したりして、今まで何度も自転車を買い換えてきての経験からのアドバイスです。

自転車は、ヒザや腰に負担の少ない運動です。

その上に移動手段としても使える楽しいもの。

自転車人口がもっと増えるといいですね。

では、また。テリマカシ。
 

【関連記事】自転車は、完成車を買ったらまずはホイールを交換するといい理由と、オススメホイール

【関連記事】スポーツタイプの自転車を購入するときに気をつけるたった1つのこと

【関連記事】街乗りメインのロードバイクのハンドルは、ブルホーンがよい2つの理由

スポンサーリンク

LINE公式
「この記事が気に入ったらLINEで友だち追加をしよう!」

合同会社うえせいやと「Transition Area」の最新情報をお知らせします。

友だち追加