Apple Watchは、トライアスロンのバイクトレーニングで使えるか

Apple Watchはバイクで使えるか?

    この記事に書いてあること

Apple Watchを実際に購入して、トライアスロンのバイクトレーニングで使用できるかをGARMIN(ガーミン)時計をずっと愛用してきているトライアスリートのうえせいが、一ヶ月間使い倒して、出した結果と感想をご紹介しています。

AppleのCMを見る限り、 Apple Watchは、かなりヘルスケアにチカラを入れている感じで、トレーニングなどに使えそうな気がしますよね。

ランニングでは十分に使えそうな感じもするのですが、トライアスロンで一番時間を費やすバイクトレーニングではどうなのか。。。

Apple Watchを、バイクトレーニングでどれだけ使えるのかを、実際に一ヶ月間使い倒して調べてみましたので、ご紹介させてもらいます。

▼スイムはこちら

スポンサーリンク

標準「ワークアウト」アプリを使用

ワークアウトアプリ
Apple Watchに対応した自転車関係アプリはいくつかあるのですが、標準でインストールされている「ワークアウト」アプリにも「サイクリング」が選べるので、まずはこちらを使ってみることにしました。

uesei.png
うえせい

「バイクトレーニング」ではなく「サイクリング」と表示されているところに、Apple Watchでのワークアウトは本格的なことを想定していないような気がしますね

 
▼「距離」「時間」「カロリー」でゴールを設定できます。
ワークアウトアプリ選択

しかし、バイクでトレーニングに出る場合は予めコースをだいたい決めて出ていくことが多いので、どれかをクリアしてから帰ってくるということは、まず無いような気がします。

 
▼実際に計測したコース
バイク地図

▼詳細データ
バイク

 
距離、平均速度、獲得標高、消費カロリー、心拍数など、通常見るくらいのデータは、記録してくれています。

ただバイクトレーニングでは、チェックしておきたいケイデンス(ペダルを1分間に回す回数)を計測する方法が無いのが、かなり辛いです。

また、このくらいの距離、時間であれば問題はありませんが、使用状況によっては3〜4時間でバッテリーがなくなってしまうことから、100kmくらいはなんとかなるかも知れませんが、余裕を持って考えるとApple Watchは50kmくらいのトレーニングでの使用が限界なんじゃないかと思います。

 

うえせいはSTRAVAアプリを使用する

STRAVA Apple Watch
STRAVAというのは、ランニング、バイク、スイム、その他さまざまなスポーツの記録をデータ化して記録・保存できて、その内容をSNSのようにして、STRAVA上で繋がっている知人たちに公開できるという、スポーツ版のSNSといったイメージのサービスです。

パソコンでも、iPhone、Androidでも使用ができる上、Apple Watchにも対応しています。

うえせいは、以前からGARMIN(ガーミン)時計で計測したデータを、STRAVAにも連携して公開できるようにしていて、STRAVA上で知人とやりとりをしていました。

Apple Watch標準ワークアウトアプリが、STRAVAにも公開できるようにできればいいのですが、STRAVA→ワークアウトアプリはできても、その逆はできないので、ボクうえせいの場合Apple Watchをバイクトレーニングで使うなら、STRAVAで記録するこになると思います。

 
▼STRAVAで計測して、スマートフォンで確認
STRAVA計測データ
STRAVAでも、ワークアウト標準アプリと同じような計測データを記録することができます。

しかし、ワークアウトアプリ同様、心拍センサー以外のセンサーを同期してくれないApple Watchでは、ケイデンスが計測できず、バイクトレーニングのデータとしてはちょっと足りない感じがします。

▼関連記事

 

心拍数の計測について

心拍数
GARMIN(ガーミン)時計同様に、腕時計の腕に当たる部分に光学式心拍センサーを内蔵していて、それで心拍数を計測するのですが、胸に巻くタイプで心電式のもの比べると精度が低くなるようです。

このため、Apple Watchでも胸ベルトタイプでBluetoothに対応したものであれば、接続して使用することができます。

心拍数を正確に計測したいときには、嬉しいですね。

▼WAHOOの心拍ベルトだったら、ANT+とBluetoothの2つの通信規格に対応しているので便利!

 
▼上腕部に巻くタイプもある

 

室内ライド(ローラー台)で使う

ローラー台
Apple Watchは、屋外のバイクトレーニングでも使うことができるので、GPSを必要としない室内でも、もちろん使うことはできます。

しかし、室内の場合、ケイデンスセンサーとスピードセンサーを接続することができないと、時間と心拍数しか分からず、なんのトレーニングをしたかもよくわからない記録しか残りません。

試しに接続してみようとしましたが、心拍センサーのみ接続できて、後は「接続中・・・」のままで、ケイデンスセンサーもスピードセンサーも見つけてくれませんでした。
接続できない

uesei.png
うえせい

Bluetooth接続機能自体はあるので、アップデートで対応してほしいですね

 

【結果として】Apple Watchでバイクトレーニングは「使えなくもない」というイメージ

結局うえせいはこう思う
一番大きな問題であるGPSを使った状態でのバッテリーの稼働時間ですが、3〜4時間はもつのでその範囲内でのトレーニングでは使えると思います。

しかしバイクに乗り始めると、普通にそれ以上乗っていることも少なくないので、ボクがApple Watchをトレーニングで使い続けるなら、バイクだけはエントリーモデルでもいいので、GARMIN(ガーミン)のサイクルコンピューターを使い、バイクのときはApple Watchは普通の時計として使い、バイク以外のトレーニングでApple Watchを使うようにするでしょうね。

その他、良かった点と気になる点は次の通りです。

 

Apple Watchでバイクトレーニングをしてみて、良かったところ

  • 距離、平均速度、獲得標高、消費カロリー、心拍数など、一通りの計測はできる
  • 心拍センサーは接続できる
  • コンビニで、Apple Payを使えるので財布もスマホも持たずにバイクトレーニングに出かけられる

 

Apple Watchでバイクトレーニングをしてみて、気になったところ

  • ケイデンス・スピードセンサーと接続ができないため、その数値が分からない
  • 基本的にブラックアウト状態なので、数値を見るために手首を動かすのは面倒
  • 明らかに落車のときぶつけると壊れそう

Apple Watchと併用におすすめのGARMIN(ガーミン)サイクルコンピューター

 
【関連記事】トライアスロンには、ガーミン一択と思っているボクが、Apple Watchに11のことを物申す!

【関連記事】Apple Watch(アップルウォッチ)をトライアスロンのレースで使ってみてのレビュー

【関連記事】Apple Watch要る? よく運動する人ならガーミンの時計を選んだ方が幸せになれる7つの理由

 

自分にピッタリのGARMIN(ガーミン)ウォッチを探すなら、この記事を読んで!

スポンサーリンク

LINE@
「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!」

合同会社うえせいやと「Transition Area」の最新情報をお知らせします。

友だち追加