ガーミンのGPS時計「fenix 5 Plus Series」発表! 「fenix 5 Sapphire」と比較してみた

GARMIN(ガーミン) fenix5 plus

2月 14, 2019

    この記事に書いてあること

GARMIN「fenix 5 Plus Series」が2018年6月28日に世界同時発売になるというニュースが発表されたので、ボクうえせい愛用の「fenix 5 Sapphire」と比較してみました。

GARMINから、音楽、決済、地図機能を搭載したプレミアムGPSウォッチ『fenix 5 Plus Series』を2018年6月28日(木)に世界同時発売するというニュースが入ってきました。

uesei.png
うえせい

相変わらず、GARMINは新製品を出すのが早いね

ボクうえせいは、GARMINの「fenix 5 Sapphire」を愛用していて、機能的には全然不満はないのですが、「Plus」とついているくらいで、ボクの「fenix 5 Sapphire」の上位機種にあたるようです。

もちろん値段についても、「fenix 5 Sapphire」よりも高いのですが、機能的に高くなっているのは、どんなところなのかを比較してみました。

 

スポンサーリンク

「fenix 5 Plus Series」は、どんな機能が追加されたのか?

 

GNSS「Galileo」に対応した

人工衛星
位置を測位するためのシステムはGPSが有名ですが、これはアメリカのものでして、同様のものとしてロシアの「GLONASS」、日本の「みちびき」というものがあります。

そして、GARMINとしてはじめてヨーロッパの「Galileo」にも対応しました。
これにより、さらに位置測位の精度が高くなりました。

 

Garmin Pay™を搭載

GARMIN Pay
Garmin Pay™というのは、日本のFeliCaと同じようなもので、非接触で決済できるシステム。

Appleでは、Apple WatchにもApple Payが使えるようになったのと同様の使い方ができるということです。

uesei.png
うえせい

ただし、日本ではまだまだ使える場所が限られているようですね

 

ウォッチ内に音楽を保存して、Bluetooth®ヘッドフォンを接続して音楽を楽しめる

ボクは音楽を聞きながら、ランニングやジムトレーニングをするときは、Bluetoothヘッドフォンとスマートフォンも同時に身に着けていますが、この「fenix 5 Plus Series」だと、スマートフォンは不要でウォッチ内に保存した音楽を聞くことができます。

▼「ForeAthlete 645 Music」も同様のコンセプトです

 

プレミアムな素材を使っている

PVD被膜のステンレススチールベゼル(Ti以外のモデル)またはDLCチタンベゼル(Tiモデル)を備えた堅牢デザイン
GARMIN「fenix 5 Plus Series」サイトより

ということです。

チタンモデルも追加されたということでしょう。

 

ボクのfenix5 Sapphireと、気になる部分を比較

fenix 5 Sapphire fēnix 5S plus fēnix 5 plus
ベゼル直径 47 mm 42 mm 47 mm
ベゼル素材 ステンレス ステンレスまたは、DLCチタニウム ステンレスまたは、DLCチタニウム
Galileo
稼働時間 21 時間 GPS
44 時間 UltraTrac
10 時間 GPS
22 時間 UltraTrac
18時間 GPS
44 時間 UltraTrac

表にすると、こんな感じで、前述の「Galileoに対応」「音楽を保存」「GARMIN Pay」以外は、それほど目立った違いはないようですね。

uesei.png
うえせい

多分GARMIN Payが普及してくると新たに欲しくなると思います

 

【まとめ】ボクが使っているfenix 5 Sapphireは、まだまだ現役だが、これから買うなら「Plus」付きかな

結局うえせいはこう思う
細かく比較をしてみると、それほど大きな差はないようですね。

ただし、「GARMIN Pay」だったり「音楽をウォッチに保存」だったりと、あれば便利な機能が搭載されています。
12時間を超えるようなスポーツをする上で、新しい機能が搭載されたGPSウォッチがほしいという方には、GARMIN「fenix 5 Plus Series」がベストな選択になると思います。

実際ボクも、これから買うとしたらこれを買っていたと思います。

uesei.png
うえせい

もっと短い時間しかGPSを使わないよ!って方は、同じくGARMINのタッチスクリーン搭載「vivoactive3」とうのもアリですよ!

では、また。最後まで読んでくれてテリマカシ。

 

自分にピッタリのGARMIN(ガーミン)ウォッチを探すなら、この記事を読んで!

 
【関連記事】GARMIN サイクルコンピュータ「Edge130」 コスパ最強で2018年5月31日発売

【関連記事】GARMINのMOVE IQで、筋トレをもっと楽しく!

【関連記事】GARMIN初心者は、YouTubeのGARMINチャンネルを見るといい。fenixシリーズの動画をまとめてみた

 

 

スポンサーリンク

LINE@
「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!」

合同会社うえせいやと「Transition Area」の最新情報をお知らせします。

友だち追加