そうだ!フォトランしよう。だってGRⅡは軽いし小さいし

GRⅡでフォトラン

1月 5, 2019

    この記事に書いてあること

RICOHのGRⅡを購入したので、ランニングに持ち出してフォトランをしてみました。GRⅡは軽いし小さいので、持って走ってもまったく気にならない優れもので、写真を撮りながら走るのが楽しくなりました。

とにかく、ロードバイクに乗って出かけるのに、スマホよりも写りが良いというのは大前提だけど、サイクルジャージのバックポケットに入るという一点のみで選んだカメラ、RICOH GRⅡ。

この軽さなら、自転車だけでなくランニングにも使えるのではないか?

そして、ランニングなら気ままに走って、撮りたい時に撮って、なんていうフォトランができるだろうと思って、GRⅡをランニングに持ち出しみました。

 

sponsored link

ランニングコースは、ランニングステーション対応のスーパー銭湯からスタート

極楽湯
最近増えている、ランニングステーションとして使えるスーパー銭湯。

一旦お金を払って脱衣場に行くのですが、そこでランニング(またはサイクルジャージの時もある)に着替えて、ランニングやサイクリングを楽しんで、戻ってくるとそのままお風呂に入れるというシステムです。

幸い我が家から一番近いスーパー銭湯の「極楽湯」がランニングステーションに対応しているので、よく利用しています。

今回のランニングもココからスタート。

ただし、この日の気温は最高気温が4度という大阪にしては極寒の日だったため、ランニングはかなり短め・・・

 

スーパー銭湯「極楽湯」からほど近い、「荒山公園」を巡って写真を撮りながらランニング

このスーパー銭湯「極楽湯」というところですが、裏に行くと畑だらけで、のどかな風景の中をランニングすることになります。
畑
以前から気になっていた鳥居ですが、その向こうに神社はないのです。

鳥居

 

堺市南区の「荒山公園」は梅林が有名

こんな感じの小道を走っていく。
荒山公園
梅林に到着

荒山公園の梅林
まだまだツボミがほとんどでしたが、少し咲いてる梅を撮ってきました。

梅の花

梅の花

梅の花
梅の種類はよく分かりませんが、梅は桜と違って派手さはないですが、それはそれで地味な綺麗さがあります。
実は、ボクが通っていた高校も近くて、よく部活で散々走って昇り降りさせられた石畳の階段もあったりします。

石畳の階段

 

隣接する「多治速比売(たじはやひめ)神社」にもお参り

我が家の氏神様でもあるので、わりと頻繁にお参りするのですが、とてもキレイな神社です。
多治速比売神社
とはいえ、かなり寒かったので、人もおらず・・・

多治速比売神社

 
夕方から走ったので、帰りはもう日の入りの時間になりました。
日の入り

 

うえせいのフォトランの装備

ランフォトグッズ
持っていくものは、小銭入れ(兼キーホルダー)、RICOH GRⅡ、スマホだけです。
この3つをHOLD TUBEに入れていきます。

HOLD TUBE
HOLD TUBEは伸縮性の高い素材で出来ているので、GRⅡくらいなら楽々入ります。

GRⅡを入れる

GRⅡが楽々入る
あと、スマホと小銭入れを入れたら、走っていきます。

【関連記事】「HOLD TUBE」ランニングにも使えて、オシャレなベルト型ポーチ。オススメです

 

【まとめ】軽く小さいカメラは、自然と撮影枚数が増える

結局うえせいはこう思う
ボクはカメラは好きだけど、写真を撮るためだけに出かけていくということは稀で、ほとんどが出かけるついでに撮ることになります。

そして、出かけることの多くがランニングや自転車だったりするので、重いカメラというのは出番が減ってしまってほとんど使われなくなってくる・・・ということがようやく分かってきました。

今回、サイクルジャージのバックポケットに入るという観点のみでカメラ選びをしましたが、そのことでフォトランという新しい楽しみができました。
ずっと走ってるだけでもいいのですが、時々止まって写真撮って、また走って・・・なんてやってるのも、とても楽しいものです。

これからも続けていこうと思いましたよ。

では、また。最後まで読んでくれて、テリマカシ。

【関連記事】ALTRAレビュー! サンダルに慣れた足には最高のランニングシューズとなる2つの理由

【関連記事】マラソン完走おめでとう! 来年は「トライアスロン出場」をオススメする3つの理由

sponsored link

LINE@
「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!」

合同会社うえせいやと「Transition Area」の最新情報をお知らせします。

友だち追加

ラン

Posted by うえせい