南船場 眼鏡&スポーツグラスサロン眼’z(ガンズ) 度入りもOK! スポーツサングラスを購入するなら、この店一択

眼'z

2月 24, 2019

    この記事に書いてあること

大阪市中央区南船場にある眼鏡&スポーツグラスサロン「眼’z」さんで、OAKLEY「PIT BULL」というサングラスを、自転車用に調整&レンズ交換を依頼してきました。豊富な知識と最高の技術で、最高のかけ心地を実現してくれるのは、まさに神業。超オススメのスポーツサングラス店のご紹介をしています。

ヘルニアを患ってから数年間、運動しては腰痛・・・とういのを何度も繰り返し、まともに運動できなかったのですが、なんとか体幹のトレーニングを続けて、トライアスロンを再開することができました。

【関連記事】大阪城トライアスロン2017完走! お堀を泳ぐ世界初の競技をレポート

トライアスロンというのは、自転車にも乗るので眼を保護するためにゴーグル(スポーツサングラス)を着用するので、今回新しく購入することにしました。

いろんなメーカーが出しているのですが、若い時からずっと気に入って使っているOAKLEYのものを購入しようと思って、いろいろ検索していたら、たまたまひかかったのが知人のブログでした。

ボクはフィッティングとレンズ交換だけでした。その記事では、度付きにしていました。

ボクは、度付きにする予定は無かったのですが、プロフェッショナル具合に惹かれて「眼鏡&スポーツグラスサロン眼’z」さんに行ってきましたので、ご紹介します。

サングラスに関しては、レンズ交換を依頼中で納品に1週間ほどかかります。

それについては、別途また出来上がり次第記事を書きますね。

 

sponsored link

南船場 眼鏡&スポーツグラスサロン眼’z(ガンズ)

グランドメゾン南船場
場所は、大阪の地下鉄御堂筋線「心斎橋」駅を降りて3分ほど歩いた、グランドメゾン南船場というビルの中にあります。

 
中に入っていきますと・・・
グランドメゾン南船場

エレベーターがあって、その3階です。
3階

雑居ビルの1室にありました

自転車
さっそく、入り口になにやら、カッコいい自転車が置いてあります。

看板「眼z」

店内は、当たり前だけどスポーツサングラスだらけ

▼OAKLEYがたくさん置いてありました。
OAKLEYたち

▼超懐かしいモデルも
OAKLEYの懐かしいモデル
実は、これ若い時に持っていました。

今回、新たに購入したのはOAKLEYの「PIT BULL」

PIT BULL
PIT BULL

 

OAKLEYの「PIT BULL」を、自転車メインをメインで使用したいという依頼をしてきました

▼掛けてみると、こうなる
PIT BULL

「PIT BULL」は、OAKLEYではライフスタイルモデルというカテゴリになっていて、スポーツ用ではないのですが、ヘルメットもそうなんですが、どうしてもガッツリしたスポーツモデルが苦手なうえせい(@charin_co)は、これを自転車で使おうと考えました。

もう一つ理由は、試しに掛けてみたら、自分の顔にとてもフィットしたこともあります。

調整は30分以上にもなりました

サングラスの調整

まず最初に、ヘルメットのメーカーを聞かれる

自転車で使用すると伝えると、まずヘルメットのメーカーを尋ねられました。

私が自転車に乗る時にかぶっているヘルメットは、KABUTOだと伝えると、OAKLEYだとテンプルがストレートなので、干渉することがあり、耳の後ろでカーブさせておきます、とのこと。

uesei.png
うえせい

そんなことまで、考慮して調整してくれると思いませんでした。

 

左の頬骨が少しでているので、片方だけ曇る

これは、自分でも気がついていなかったのですが、たしかにどんなサングラスをしても、左目側だけが曇るんです。

どうやら、左の頬骨の方が少しだけ前にせり出てることが理由らしくて、サングラスの下側と頬が密着していることで、曇るという理屈です。
このため、左側が頬に干渉しないようにしてもらいました。

uesei.png
うえせい

自分でも、左の頬骨がちょっと出てるって、46歳の今まで知りませんでした

暗くなってから乗る時に、見えない

ピットブルに最初からついていたレンズ
まだ使っていないので分からないのですが、今までの経験上、これだけ暗いと夜は使い物になりません。

レンズ交換を相談すると、素早く「ハイコントラストレンズ」というレンズを提案してくれました。

このレンズは、明るさはあまり変えず、視界のコントラストを上げて、眩しさを軽減するというレンズ。

これだと夜間の車の運転にも使えるということで、オールマイティに使えそうです。

▼ハイコントラストレンズの見本
ハイコントラストレンズの見本

【まとめ】今後、アイウェアに関しては「眼’z」以外で買うことはなさそうです

結局うえせいはこう思う
これだけ、丁寧に。そして、豊富な知識と技術で対応してもらえたら、絶対他では買いたいと思いません。

また、それでいて職人気質なところはなくて、腰の低い接客をしてくれるので、とても気持ちがいいんです。
遠方の方は、脚を運ぶのはちょっと億劫かも知れませんが、スポーツサングラスというのは一本につき2〜3万円することが普通です。

今回「眼’z」の井上さんのお話を聞いて、ろくな調整もしてもらわず使っているのは、その価値を活かしていないも同然だと思うようになりました。
自転車、ランニング、ゴルフ、釣り・・・その他、スポーツの際にサングラスをかける方は、ぜひ一度行ってみてください。

超オススメです。
では、また。最後まで読んでくれてテリマカシ。

▼「眼’z」Facebookページ

【関連記事】OGK KABUTO「KOOFU」の自転車ヘルメット「BC-Glosbe」を、練習、レースに使ってからの感想

【関連記事】大阪城トライアスロン2018に出場!

【関連記事】GARMIN(ガーミン)の心拍計内蔵GPS腕時計おすすめ12選

▼メガネは、専用のクリーナーでお手入れしましょう。

sponsored link

LINE@
「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!」

合同会社うえせいやと「Transition Area」の最新情報をお知らせします。

友だち追加